ブログ

ろうきん「弥生会」 会員紹介 -スモリの家 CSハウジングさん-

 

こんにちは。
ろうきん「弥生会」調査隊でございます。
無念の調査隊報告消失からの復活。
今回は弥生会会員紹介をお知らせします。
スモリの家CSハウジングの原さんに突撃取材!
 
 
CSハウジングの原さんといえば、ろうきん「弥生会」の会長
会員紹介ではCSハウジングさんそのものに迫りたいと思います。
ヒトコトで言えば、原さんは家づくりに関する強い味方!
多くの人が抱くであろうマイホームの夢について、本当にいろいろなことを、わかりやすく丁寧に教えてくれるのが原さんのいいところ!
iPadやパソコンを用いて動画や画像。資金計画のシミュレーションを解説するソフトなどを最大限に活用して「わかりやすく」解説をしてくれるんです。
 
 
家を建てることって大きな夢であるぶん、大きなお金も借りることにもなりますし、不安なこともいっぱいです。
ワタクシ調査隊としては、失敗や後悔をしないで家を建てるなら、まず原さんに相談して欲しい!と思います。
CSハウジングさんで建てる人はもちろん、弥生会会員各社や、それ以外のメーカーや工務店で建てようかなと思う人もまずは話を聞いてみてください。
今回の取材でも「へぇ」とか「なるほど」、「そんなコトになってるんですか?」となんど口にしたかわかりません(笑)
紹介のお客様や口コミが多いというのもうなずけます。
 
 
もちろん建物も信頼性抜群!
塗り替えがいらないメンテナンスフリーの乾式タイルは一軒あたりおよそ10,000枚前後!(しかも職人さんが手で貼っていくそうです)。結露対策や高い耐震性を実現しているスモリ工業お墨付き!
住宅の詳しい性能は、ワタクシ調査隊がお話するよりも、原さんから直接うかがったほうがいいでしょう。誤解も少ないでしょうし、何より「わかりやすさ」がまったく違いますから!
まずはCSハウジングさんのホームページをご覧になってみてください。
もうひとつご紹介しなければいけないのは、原さんのお客様を大事にする姿勢。
屋号のCSはカスタマーサティスファクションの意。
地引網大会やスクラップブッキング、押し花教室などなど建てた後のおつきあいをとても大事にしているそうです。
考えてみれば、契約から施工、引渡しまでは1年前後。住んでいくのはその先一生ですから、むしろ建てた後に信頼できるほうがいいですよね。
これが紹介や口コミが多いひとつの理由になっているのでと思いました。
そして、原さんが強い味方であることは、何も家を建てることだけではないんです。
むしろこっちのほうも好感が持てる、地元情報の充実!
 
 
いろいろな人との交流を楽しんでいる原さんに紹介してもらったいいお店。
ひとつは三島市一番町のCafé Akkoさん。
グルメ情報に精通した原さんが手放しで褒めるこちらのカフェは「なんでもおいしい」とのこと。
仕込みに手間をかけて、食通をもうならせるというメニューがずらり。
タイミングがよければ、生パスタも味わえるということで、ぜひ足を運びたいお店です。
そして、地域の美味しい唐揚げを調査する「からあげ探検隊」の隊員でカラアゲニストでもある原さんが「ここの唐揚げは美味い!」という三島市の若鶏というお店。
皮はパリっ!中はジューシィという、お酒が進む逸品。
こんなお店で、原さんと家のこと意外もいろいろと話してみたいものです。
 
 
 
スモリの家CSハウジング
清水町八幡221-1
0120-832-560
http://www.sumori-cs.com/index.html
CSハウジングのFacebookページ http://www.facebook.com/sumorinoie
原さんのFacebookページ http://www.facebook.com/mitsuyasu.hara

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る